伊東

2007年8月16日木曜日
  • B!

雑感

今年の夏は伊東に行きました。

冬に自転車で熱海まで丸一日かけて走った道がクルマだと3時間(笑)
これぐらいの距離、ちょうどいい感じです。
平日だったせいか、渋滞にはまることはありませんでした。

ビーチに入ったり、寄り道しながらという感じであちこち行ったり食べたりしました。

こちらは城ヶ崎海岸という崖。

サスペンスドラマのワンシーンみたいな場所でした。


こういう名所もいいのですが、やっぱり熱海や伊東に行くなら昭和の観光地らしい場所に行かなきゃ。
蝋人形美術館とか、あやしい少年少女博物館とかね。

そういうわけで、シャボテン公園へ。

あれ、入場者が非常に少ない。。。
その理由はサボテンを展示している温室で明らかに。
サボテンの温室はアフリカや南米のジャングルの気候を再現させているので、30度を超える真夏の外気より蒸し暑いのです!
ただでさえ公園内を歩くのが炎天下でつらいのに、さらに暑く湿度を上げているサボテン温室はサウナ状態。
6つある温室のうち、2つめでギブアップでした。どうりで客が少ないわけだ。
その後にたべたアイスクリームのウマいこと。

その後、公園内に遺跡展示コーナーという場所を見つけたので行ってみることに。
伊東にも遺跡があるのかー。さすが国立公園内にある施設だと思いつつ行ってみると・・・



あやしい南米の遺跡のような像
やっっぱり伊東はこうじゃなくっちゃね。


ちょっと昭和な旅行でした。宿も含めて家族で行くにはちょうどいいところですね。