ル・コルビュジェ展

2007年7月26日木曜日
  • B!

デザイン

昨日、森美術館のル・コルビュジェ展を観てきました。

コルビジェの展覧会は数年に一度ぐらいのペースでしばしば行われるので、ああまたかという先入観で行きましたが、今回の展示は建築家コルビジェよりも画家や彫刻家という視点からコルビジェを考察し直すような内容で、それなりに新鮮でした。

とくに良かったのがユニテ・ダビタシオン住居ユニットの実物大模型。模型の中に入れます。モジュロールのスケール感が体感できます。

ただ、コルビジェが制作した絵画や彫刻と建築の関連性の考察が見えないのが残念でした。模型の展示に関しては照明や展示台の高さなどあまり適切ではないような気がしました。建築模型と言うよりも彫刻を展示している感じでした。

解説のCGは理解を深める意味で良いできだったと思います。なかば強引に黄金比を当てはめる設計手法などを観るにつけ、コルビジェはたしかにモダニズムの基礎となった人物ではあったが、恣意的な手法もみられデザイナーというよりはアーティストに近い感覚を持つ建築家であったのではないかという印象を受けました。ただ、彼の言説を聞いたり雑誌を発刊するといった活動を見る限り、プロジェクトを実現させるために必要な賛同者を集めるプレゼンテーションがうまかったというのが伺えます。