制作フローを決めるフレームワーク

2006年10月1日日曜日

Flash

t f B! P L
というようなFlash用フレームワークを作れないものだろうかと最近考えています。しかも契約通りサイトを一度つくったらおしまい。というプロジェクトではなく、日夜バージョンアップするポータルサイトのような性格のプロジェクトを短期間で次々とアップデートし続ける制作フローに耐えるものです。

後者のような制作現場では担当者がささっと作ってしまうことが多々あるため、他人が後からflaを改造しようとしてもなにがなんだかさっぱりわからんという事態に陥りがちです。

かといって、テンプレートだとかCMSだとか入れてしまうと、それは更新が楽なのですが柔軟にサイトデザインを変更することができず、陳腐なサイトになってしまいます。


そういうわけで、いま考えているのが制作ルールを定義しつつも柔軟さを失わないフレームワークというものです。

たとえば、ActionScriptひとつ取り上げても、タイムラインベースで制作するのか、ムービークリップにスクリプトを貼り付けてしまうのかどちらでも同じ事ができてしまうことがあります。
Flashは同じ物を作るときでもやり方が複数あるので、その柔軟さはありがたいのですが
チームワークではソースがごちゃごちゃになって厳しい場合があります。

なんかそういうルールを「制作ルール」みたいな文書を回覧してみんなで気をつけようね・・・という精神論にしないで、とあるフレームワークを使って制作すると、8割がたこの問題点が解決できるようなものがあったほうが良いと考えています。

とりあえず、これと同じような思想のフレームワークが世の中にすでに無いか他のプログラミング言語にも視野を広げて探しているところです。

また、MayaやFlameのようにオブジェクトを連結しながらエフェクトを構築するソフトの思想なども参考にしながら考え中です。