犬吠埼初日の出ツーリング

2006年1月2日月曜日
  • B!

自転車

言い訳がましいけど、ここ最近仕事が忙しくてまったく書き込んでいませんでした。正月休みもリフォームやら引越しやらでばたばたしてしまっています。

なかなか身動き取れないので思い切って強引に時間を作って初日の出を見に行くことにしました。

どうせならやりたいことをいろいろ一気にやってみようということで、日本で一番日の出が早い犬吠埼で初日の出を見た後、帰り道は120Kmの道のりを自転車で家まで帰るというツーリングをやってみました。



さすがに往復自転車は無謀なので行きは電車です。輪行袋に自転車を入れて出発です。
犬吠埼へ電車で初日の出を見に行くには2つのスケジュールがあります。ひとつは大晦日だけ走るJR特別列車で銚子まで行く方法と前日に普通列車で行って1泊する行程です。
実は特別列車は全席指定で普通列車の倍ぐらいの運賃がかかります。すると普通列車+1泊コースと3000円くらいしか差がありません。今回は1泊コースで行くことにしました。日の出を見た後120Km走るのでこの行程にして正解でした。
電車は驚くほどすいていました。大晦日の半端な時間なのであたりまえですね。車内で帰りのコースを検討しながら行きました。



約2時間かけて銚子に到着。あらかじめ予約していた安宿にて睡眠をとります。銚子駅前の商店街はそこそこ大きいのですが、ほとんどの店が閉まっていたので夕食を済ませた後、紅白をちょっとだけ見てすぐに寝ました。





4時ごろ起床しました。宿泊した銚子から犬吠埼までは初日の出臨時列車が出ていますが混雑を避けたいのと距離が5キロ程度ということで銚子から犬吠埼まで自転車で行くことにしました。
とにかく寒いので、部屋で暖かいスポーツドリンクをこしらえてボトルにつめました。
また、幸運なことに宿の建物内で自転車を組み立てることができたので寒い思いをせず出発準備をすることができました。朝6時ごろ、犬吠埼の灯台に到着しました。





さてさて来ました、6:46日の出です・・・がご覧のように曇り空でさっぱりわかりません(泣)。多少空が赤くなったかな?という感じ。ま、一応日本で一番早い日の出ということで。





冬の寒空の下、日の出をじっと待つというのはかなり寒かったです。予想以上に寒かったので、灯台そばの食堂であったかい紅茶を飲みました。ついでに地図を取り出して今日の道順を確認。そんなことをしているうちに7時半ぐらいになったころようやく太陽が雲の間から顔を出してきた。がんばれ初日の出!





灯台に別れを告げ、自宅に向けて出発です。このときの気温は約5度。予想より気温は高かったので、快適に走れました。
快適といってもそれなりの装備はしている上での話です。靴にはトゥーウォーマー、耳はイヤーウォーマー、グローブは2重、足はフリーライドパンツの下にレッグウォーマーでこれまた2重、さらにバイク用のネックウォーマー兼フェースマスクをしました。
特に今回は登山用品店で購入したアンダーグローブが薄手のクセに保温性能抜群で重宝しました。また、いつもは顔が冷えて鼻水たらたらになるのですが、フェースマスクのおかげで防ぐことができました。





海岸線に沿って南へと下りていきます。銚子の風力発電です。そばの電柱と比べると異様に大きいことがわかります。基本的に畑ばっかりでなんにもありません。
低い気温のせいでデジカメと携帯のバッテリー電圧が著しく落ちてしまいました。ポケットに入れて暖めながら使いました。





犬吠埼付近を抜けた後は九十九里浜に入ります。浜辺のサイクリングロードを走っていきます。通常ここは防風林があるため車道からは海を眺めることはできません。海岸の景色を眺めながらのツーリングは海辺のサイクリングロードを走れる自転車だけの特権です。
最近メンテナンスをしたのでしょうか、きれいな舗装が多く、砂をかぶって走行不能な道もほとんどありませんでした。予想以上に快適です。どこまでも道は続きます。





浜には初サーフィンを楽しんでいるサーファーが結構いました。





九十九里浜を蓮沼海岸まで南下したところで内陸へ方向転換。ここから房総半島横断コースに入ります。海岸から8キロほど内陸側へ走ったところで峠が始まります。ゆるい坂がだらだらと続きます。今回は県道22号を使いました。この先しばらく何も無いので峠に入る前にコンビニで補給しました。
このころちょうどお昼だったのですが、元旦でコンビに以外の店が開いていませんでした。本来はここらへんでしっかり昼ごはんを食べる予定だったですが、大きな誤算でした。





杉林が続きます。標高30メートル程度の峠といえどもアップダウンが繰り返されるとさすがにきつかったです。今度コンパクトドライブにしようかな。
実はここまで来るまでに予定以上に体力を消耗しており、きつい道程となってしまいました。海岸から峠入り口までの道は平坦なのでのんびり走って体力を温存する予定でしたが、当日ひどい向かい風で予想以上にそこで体力をつかってしまったからです。途中上りきれない坂が一箇所だけあり、自転車を降りて押しました。




なんとか峠をクリアしました。その後は東京湾側の町並みになるので比較的走りやすくなります。普通に幹線道路を利用しながら進みます。




幹線道路ばかりではつまらないので、途中から花見川サイクリングロードを通ることにしました。九十九里と花見川、1日で2つのサイクリングロードを走るという機会はめったに無いもんです。日没まであと1時間しかないので街灯の無い花見川CRに入ったところでアイウェアのレンズをクリアーに交換し、日没前にCRを抜けるべく休憩なしで一気に走りました。





無事日没前にCRを下り終わりR14に出ることができました。あとはゆっくり家路につきました。





今回たどった道はハンディGPSで記録を取っていたので、PCでプロットしてみました。画像右上が犬吠埼です。
距離:118.57Km
平均速度:20.3km/h
最高速度:48.1Km/h
平均/max心拍数:149/190bpm
でした。
今回は今年の所信表明をかけたツーリングだったと思います。この調子で今年もがんばろうっと。